メニュー

経鼻胃カメラについて

[2017.04.01]

開院して9か月が経過いたしました。クリニックの立地上、自転車で来院され、経鼻胃カメラを受けられる方が多いかと思います。当院では、経鼻でありカメラの径が細く、口からの挿入での嘔吐反射なく挿入できるため、沈静せずに(眠り薬なく)比較的楽に検査を受けることができます。

主に診療時間前の8時40分から喉の麻酔開始し、検査後に胃カメラの写真を提示しての診察も含め、診察時間開始の9時15分には概ね診察終了となり、喉の麻酔が切れる10時ころには飲食が可能になります。

開院後このような流れでできております。

*現在、水曜日以外は検査可能となっております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME