メニュー

帯状疱疹(ヘルペス)・帯状疱疹後神経痛の治療

帯状疱疹(ヘルペス)帯状疱疹とは、水痘ウイルス(みずぼうそう)のぶり返しのウイルス性の皮膚炎で、赤い発疹と水ぶくれができ、痛みをともなうのが特徴です。主に過労やストレスなど体が弱っているときに発症しやすいです。

ウイルス性であるので、皮膚と皮膚の接触感染や空気感染に注意が必要です。発疹がかさぶたになる前の接触において、水痘にかかったことのない方(特に乳幼児)への接触は水痘として発症する可能性があります。

治療

治療は抗ウイルス薬による治療を1週間おこないます。しかし、ウイルスの増殖を抑制するものであり、症状を緩和する効果のための投薬となります。早ければ1週間ほどで発疹がかさぶたに改善しますが、体が弱っている証拠でもありますので、安静にし体力を回復することが重要です。また、発疹は意外と皮膚に深く生じるため、できるだけ色素沈着など跡を残さないようなケアも行います。発症後に痛みを伴う場合は疼痛管理も行います。

顔面など目や耳に影響を及ぼす可能性がある場合は高次の医療機関へ紹介させていただくことも有ります。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME